富山県魚津市三ヶ227番地  電話0765-33-5588



2018年6月11日
 安全技術株式会社のフェイスブックを作成しました。それに合わせてこの教習センター日記は、終了いたします。
 今までご覧いただきありがとうございました。今後は、日程の公開、講習の開催情報などもフェイスブックでお知らせしていきます。
 また今まで通り日々の思いも綴っていきますのでフォローをお願いいたします。
 尚、フェイスブックは、このホームページのホーム画面(トップページ)にも掲載しています。


2018年4月19日
 週末に向けて徐々に暖かく? 暑く? なるそうです。チューリップ畑もきれいに彩られ始めました。アルペンルートの開通式は天候のため残念でしたが、砺波ではチューリップフェアー開幕、22日は約6000人が参加して魚津しんきろうマラソンがあります。ゴールデンウィークに向けて、気分も盛り上がりますね。でも最近の新聞では、県内の労働災害の事故もたびたび掲載されています。注意していきましょう。
 受講申込みも順調にあり、6月のアーク溶接特別教育は満員になりました。7月には高所作業車運転特別教育を開催予定です。7月の日程の公表までもうしばらくお待ちください。


2018年4月4日
 富山の桜も満開なっています。週末は、第64回チンドンコンクールですが、お天気は・・・・・。
 昨日は夏日になりましたが、雨が降る今日はまた寒く感じそうですね。周りでもインフルエンザを時々耳にします。体調管理に気をつけましょう。
 新年度を向かえ新社会人さんの受講も増えそうです。早めに申し込みをお願いいたします。


2018年1月19日
 平成30年が始まりました。本年もよろしくお願いいたします。
 今年の最初の講習は、中国人向け玉掛け技能講習でした。成人式の頃は穏やかな天候でしたが、寒波が近づき実技の日には大変な雪になりました。寒さに強い地域出身の受講者が多かったようですが、朝は2時間かかって来社された日もありました。寒い中、朝早くから本当にご苦労様でした。
 お待たせしていました 3月・4月の日程が決まりました。アーク溶接・ガス溶接の開催もありますのでご確認ください。


2017年11月27日
特定自主検査
 11月は「建設荷役車両特定自主検査強調月間」です。建設機械と荷役運搬機械は、労働安全衛生法により定期(特定)自主検査が義務付けられています。
 2月の日程が決まりました。ご確認ください。


2017年11月10日
冬が近づいています
 年賀状の販売、クリスマスケーキの予約も始まりました。年末が近づいて来ていると感じます。雪吊りのニュースやスタッドレスタイヤのCMなど冬支度も始まりました。
 朝晩の寒さも厳しくなり、夕暮れも早くなりました。体調管理や交通事故にも気をつけましょう。何か楽しいイベントなどを考えて気分も明るくゆとりを持って行動したいですね。
 1月の日程ができました。ご確認ください。


2017年10月7日
10月は○○な季節?
 寒くなりましたね。名月は見られましたか? 5日の夜は月のまわりに光の輪[月暈(つきがさ、げつうん)]が出来ていました。私も始めて見たので、何かわからなかったのですがホームページ「月世界への招待」で知ることが出来ました。よかったら検索ください 「月について」のページに写真も載っています。
 10月8日は「第21回滑川ほたるいかマラソン」が、また10月29日は「富山マラソン2017」と「金沢マラソン2017」 があります。同日開催にはがっかりされた方もいらっしゃることでしょう。
 10月14・15日は「第10回みなとオアシス Sea級グルメ全国大会」が魚津市で開催されます。日本海側での初開催 「魚津産業フェア「◯◯(まるまる)魚津」も同時開催です。
 10月21・22日は滑川市で「キラリングルメの森」が開催 22日は糸魚川市より「糸魚川ブラック焼きそば」の出店もあるそうです。選挙の後はここでお昼もいいかもしれません。
 12月の日程が出来ました。ご確認ください。

2017年9月28日
もうすぐ中秋の名月
 秋らしくなってきました。収穫の秋、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋とさまざまな秋があります。
 来週10月4日は中秋の名月だそうです。満月は10月6日だということで、そのころ月見ができる天気になればと思います。
 今年は、外国人向けの講習が多く、日程の公表も遅れ気味でご迷惑をおかけしています。本日11月の日程を公表いたしました。よろしくお願いいたします。
 日本には外国人実習生の方が中国、フィリピン、ベトナム の他 富山ではまだ少ないですがインドネシア、タイからも来ておられます。技能実習生1年目、更新して2年目・3年目と日本語と技術を習得して3年で帰国、4年目・5年目と再度来日する方(条件があります)もいらっしゃいます。 また、日本語学校・大学等の留学生の中には日本企業への就職も国の後押しがあり、少子高齢化の中で日本の労働力不足の一端を補っていただいているのでしょう。身近なところでの異文化交流も増えてくると思います。世代間での常識が違うように、私たちの意識も柔軟に変えていかなくてはいけないようです。


2017年9月25日
全国労働衛生週間
 朝晩涼しくなってきました。
 写真は、農家の朝市で買ってきたホオズキやススキです。ススキの葉には、葉で作った秋の虫が乗っていました。上手に作ってあるので思わず写真に収めました。ここの朝市では正月前に亀のわら細工なども出品されます。
 来月10月1日から7日は「第68回 全国労働衛生週間」です。今年のスローガンは「働き方改革で見直そう みんなが輝く 健康職場」です。
 日頃から身の回りの変化に気づきいたときは、良い事・悪い事(改善が必要なこと)声に出して情報共有していきたいものです。
 ただいま、11月の日程の公表が遅れておりますが、もうしばらくお待ちください。


2017年8月21日
残暑お見舞い申し上げます
 お盆休みの期間は、雨や曇りの日が多かったですね。甲子園球場も雨天順延があり、今日は休日で明日準決勝、23日は決勝だそうです。負けたチームはそこで終わり、地方大会を勝ち抜き、甲子園で成長しながら試合をする選手たちには、プロ野球とは違う清清しさがあります。さて富山県魚津市では、25日(金)から「第31回 全日本大学女子野球選手権大会」が開催されます。今年は22チームが参加してこちらも熱い戦いが見られることでしょう。
大会のホームページ(http://spo-uozu.com/jyakyu/)ではリアルタイムで試合を配信されるそうです。
 今日からベトナム人向け「床上操作式クレーン運転技能講習」を4日間開催しています。10月の日程も決まりました、ご確認ください。


2017年8月2日
暑中お見舞い申し上げます
 今日 北陸地方の梅雨明けが発表されました。今までも寝苦しい夜がありましたが、これからが本番でしょう。体調管理には気をつけて 休憩を取りながら熱中症予防にも気を配りましょう。
 朝顔のつるばかり伸びて花が咲くのか心配でしたが、順々に咲き始めました。写真は、葉にやってきたカマキリを撮ったのですが・・・・・。
 8月4日~6日は「第48回 じゃんとこい魚津まつり」です。たてもんに花火にちょうろくとにぎやかになりそうです。
 8月11日12日は「第8回 ベトナム・ランタンまつり inなめりかわ」が開催。夕暮れにベトナムを思わせるランタン(ちょうちん)が並びます。


2017年7月5日
ベトナム人向け玉掛け技能講習
 ニュースでは全国的に大雨に注意が必要と注意喚起されています。今月から気象庁の情報提供もより詳しく検索し易くなったそうです。安全のための情報には、敏感になりたいです。
 昨日も 黒部川に注意報がでていましたが、近くの早月川も通常より多くの濁った流れに怖さを感じました。
 今週は、ベトナム人向けの玉掛け講習を開催しています。高岡の方面の企業からも受講いただいています。9月の日程も掲載しましたが、9月のベトナム人向け玉掛け講習も定員になっています。
 写真は、去年のプランター花が枯れてそのまま冬越し、春に緑の葉が伸びてきたと思ったらまたきれいな花を咲かせてくれています。


2017年6月16日
全国安全週間
 7月1日から7日は全国安全週間です。今月はその準備月間です。
 平成29年度全国安全週間のスローガンは

               「組織で進める安全管理  みんなで取り組む安全活動  未来につなげよう安全文化」 です。

 昭和3年からの続くこの取り組みは今回で90回目となるそうです。労働災害は長期的には減少していますが、第3次産業などで増加しています。この機会に安全な職場環境の見直しをお願いします。

 先日鉢植えのどくだみを見かけました。どくだみは繁殖力のある草(薬草)だと思っていたので、鉢植え?・・・と思ってたら、昨日 花が咲いていました。花びらが重なり合ってたくさんあり、八重種のどくだみと呼ばれるものだそうです。
 (左の写真)
 


2017年5月25日
初夏の果物
 地区の朝市にも初夏の味覚 イチゴが売られるようになりました。写真は、知合いにいただいたさくらんぼの枝です。何気なく見ていた樹木がさくらんぼの木だったと知って驚きました。市販のものより小ぶりの実ですが、甘くておいしかったです。
 今月は、中国人向け玉掛け技能講習がありました。氷見からの受講者の方もいて朝早くから大変だったと思います。9月には中国人向けのフォークリフト運転技能講習を開催します。まだ数名募集しています。また11月には中国人向けガス溶接技能講習を開催予定ですが、こちらは定員になりました。ベトナム人向けの玉掛け技能講習を7月・9月に開催します。7月は定員になりました。9月は日程が決まっていませんが、募集しています。また玉掛け修了者を対象に床上操作式クレーン運転技能講習を8月に開催します。まだ数名募集したいます。英語圏向けの講習も10月に開催予定です。今年度は外国人向け講習が増えそうですが通常の講習も毎月開催(ガス溶接・高所作業車を除く)を維持していきますのでよろしくお願いします。


2017年4月15日
花の色が美しい季節です
  ミラージュランドの桜も満開です。プランターのチューリップもつぼみに色が付いてきたなと思っていたら 日中の暖かさに一気に開花しました。花壇のスイセンも咲き始めています。
20度を超える日も増えてきましたが、風の寒い日もあるので体調管理にも注意が必要です。
 さてお待たせしていましたベトナム語の玉掛け技能講習を7月に開催いたします。また、10月には英語での玉掛け技能講習・クレーン運転特別教育を予定しています。8月~9月には中国語でのフォークリフト運転技能講習を計画中です。
また外国人向け講習だけでなく高所作業車特別教育(作業床10m未満)も6月に開催します。7月にはアーク溶接も開催予定です。受講お待ちしています。
 建設労働者確保育成助成金が平成29年4月より一部変更になっています。詳細は厚生労働省のホームページをご覧ください。
 今月もすでに魚津の蜃気楼が2回出現しています。来週23日(日)は富山湾岸サイクリング2017が、また30(日)は魚津しんきろうマラソンが開催されます。多くの方が参加されます是非とも天候に恵まれてほしいです。

2017年3月13日
4月より申込書の本籍記載が不要になります。
 まだまだ風は冷たいですが、春らしい日が多くなりました。花壇には冬越しした花が咲いていました。
 本日、5月の日程を掲載いたしましたのでご確認ください。5月は中国人向け「玉掛け技能講習」を開催予定です。ベトナム語の「玉掛け技能講習」については、6月または7月頃に開催できるように準備していますのでもうしばらくお待ちください。
 また、4月1日より法改正があり、修了証に本籍地(都道府県名)の記載が不要になります。これは、受講者の申込時の本籍地の確認の為の書類準備の負担を軽減する為の変更です。当教習センターでも4月の受講から変更していく予定で準備しています。今までの本籍記入の修了証はそのまま有効です。紛失等で4月以降に再交付等される場合は、本籍の記載のないものになります。


2017年3月6日
道路交通法の改正で準中型免許が追加
 啓蟄も過ぎ、日当たりのいい場所では、チューリップの芽も顔を出し始めました。写真のネコヤナギは正月から堅い芽の状態を花瓶に飾っていたものです。今は殻が取れ白い毛が銀色に輝いて、茎(枝)には根も生えてきました。春の生命力を感じます。
 来週3/12から道路交通法が改正になり準中型免許が新設されます。10年前に中型免許(20歳以上、免許取得後2年以上が対象)ができてから高卒の新入社員がすぐに4t車を運転することができないと問題となり、やっと準中型免許で18歳でも4tトラックの運転が可能になります。20未満の普通免許の方も最短4時間ほどの追加講習で準中型の取得ができるようになります。逆に普通免許の運転範囲が最大積載量3.5tから2tへと小さくなりました。詳しくは、富山県警ホームページをご覧ください。以前、社員に小型移動式クレーンの資格も取らせたいけど、彼はまだ4tユニックの運転ができないし・・・・。という話を聞きました。小型移動式クレーン運転技能講習の受講資格に運転免許は不要なので資格はとれるのですが・・・。一人で荷物を運搬できないのでは意味がないというのです。それも今後は解消されそうですね。いずれにしても安全運転で・・・。事故の増加が規制を増やしているのですから。


2017年2月16日
フクロウ
 立春を過ぎ 少しづつ春に近づいているようですが 周囲では、インフルエンザやノロウイルスなどの話も聞きます スギ花粉も飛び始める時期だそうで体調管理にも注意が必要です。バレンタイン商戦も終わり、今年は「ブラックフライデー(黒字の金曜日)」というイベント商戦があるそうですが、富山でもあるのでしょうか? 学生は、期末考査や受験シーズンです。来月には卒業式、企業でも年度末・新入社員を迎える準備も始まります。1月は”行く” 2月は”逃げる” 3月は”去る”などともいうそうです。一日一日を大切にしていきたいと思います。
 右の写真は、甥っ子(小学生)に教わって折り紙でフクロウのつがいを作ってみました。
 フクロウは、「不苦労」=苦労しない、難を逃れる。「福来郎福籠」=福が訪れる。「福老富来老」=豊かに年をとる。「福路」=旅の安全、人生の幸福。などと読んで、福を呼ぶ縁起物とされ、お守りや置物にもされているようです。また、西洋のギリシャ神話でも「知恵・文芸の神様」とされているそうです。ヨーロッパやアメリカ・北朝鮮と世の中が不安になっています。いい知恵を出し合って平和の福が訪れることを祈ります。


2017年1月10日
冬季無災害運動
 3月までの日程が決まりました。ご確認ください。
 富山労働局・基準監督署より「冬季無災害運動を推進しています」とポスターをいただき掲示しています。特に1月の転倒事故が多くなるそうです。
 今日は強風で寒波も近づいているようです。学校も3学期が始まりました。朝夕の交通安全にも心がけたいです。
  


2017年1月6日
謹賀新年
  いつもホームページをご覧いただきありがとうございます。
  本年もどうぞよろしくお願いいたします。 
  今日より仕事始めです。平地では雪もなく例年より暖かい正月でしたね。
  よい反面、多少雪が積もっての寒さが来ないと、害虫などの冬越しが心配です。寒さにあったカンカン野菜はおいしいですし・・・・。
  これからより寒くなると思います。体調や足元(凍結)に気をつけたいと思います。
  明日は七草です。
  



2016年12月17日
外国人講習開催中
  15日より「年末年始の無災害運動」が開催されています。今年のスローガンは「無事故で締めよう 行く年を 無事故を誓おう 来る年に」です。何かと忙しい時は心のゆとりも失いがちです。お互いに気をつけて過ごしたいと思います

 12月14日よりフィルピンからの技能実習生が英語での玉掛け技能講習を受講しています。昨日は、来日して初めての積雪ということで「寒い寒い」といいながらも、休憩時間には雪景色を写真に撮ったり、雪投げをしたり楽しんでいました。丁度、学科試験も合格して安心したのでしょう。今日の実技も、寒いですが頑張って受講しています。来週は、同じメンバーでクレーンの特別教育を行います。これ以上寒くならないといいのですが・・・・。

 写真は、全国登録教習機関協会が発行した、玉掛け技能講習用テキストの英語版です。日本語のテキストと一緒に見ると事で対訳版として使用できます。今年6月に発行され、当教習センターでも8月より使用しています。

2016年11月21日
11月は○○の日
 明日は「いい夫婦の日」だそうです。1985年に政府の経済対策会議で11月を『ゆとり創造月間』として提唱されたことから、1988年財団法人余暇開発センター〈現(財)日本生産性本部〉が、夫婦で余暇を楽しむゆとりあるライフスタイルを提案。11月22日を「いい夫婦の日」と提唱し、1998年に「いい夫婦の日」をすすめる会が設立され、今年もパートナー・オブ・ザ・イヤーや川柳コンテストなどが開催されています。今年の川柳コンテストのいい夫婦大賞は「どこからか 食事時には 来るあなた」だそうです。佳作には「感謝して どんどん育つ 夫婦仲」 「我が夫 敵か味方か 悪友か」 「たくましい 妻に老後は ついてゆく」などそれぞれの夫婦の歳月を感じさせる句でした。
労働局のホームページを見ると、11月は、「過重労働解消キャンペーン」期間であり、「職業能力開発促進月間」で「労働保険適用促進強化月間」だそうです。今日は「現代の名工」の表彰式がありました。これも職業能力開発促進月間の行事の一つです。労働局のこうした取組みが、労働者を支えているのでしょう。私たちも登録教習機関として、労働安全教育の面から協力していきたいと思います。


2016年10月26日
11月は特定自主検査強調月間です
 10月も下旬になり寒い日が多くなりました。県内各地でクマの目撃情報が聞かれ、外出時や外仕事には注意が必要です。
 今月は、外国人向け講習が、3つもあり何かと混乱しております。受講されたのはフィリピンからと中国からの実習生の方々です。技能実習生は、簡単な日常会話を覚えて来日し1年目は「技能実習1号」として、その間の日本語能力や技能の習得を評価されれば、その後1~2年「技能実習2号」として滞在することができます。今回の受講生の中には、来日して約2ヶ月の方もいらしたので大変だったと思いますが、意欲を持って来日されているので熱心に受講いただきました。県内では6月に悲しい事故が起きました。どうか皆さんが安全に作業に従事され元気に本国へ戻られることを祈っております。
 (一社)全国登録教習機関協会の広報誌に優良賞を受賞された講師の方々の所感が載っていました。文章からは講師の方々の安全講習に対する意識の高さと使命感を感じました。そのなかで、『受講者に「なぜ資格をとりにきた」と質問すると大多数は「資格がないと仕事ができないから」と答える。私の期待は「安全な作業をするために受講しにきた」と答えて欲しいし事業者には、そのように答える社風を創造して欲しい。』とありました。本当にそのような企業が増えて欲しいと思います。
 ※特定自主検査とは、定期自主検査を行わなければならない機械のうち、建設機械(油圧ショベルなど)や荷役運搬機械(フォークリフトなど)等、特定の機械については、1年以内に1回(不整地運搬車は2年に1回)、一定の資格を持つ検査者が行う検査を受けなければなりません。 この検査を「特定自主検査」といいます。(建設荷役車両安全技術協会ホームページより)

2016年9月8日
自殺予防週間(9/10~16)
 台風による被害がニュースになってますが富山県への影響は少なくてほっとしています。防災の日もあったのでテレビでも地震などの災害の危険をあおる(そのように感じる)番組が多く、より不安を募らせてしまいました。個人的には、必要な備えは大切ですが、災害にあった場合に必要なのは、それを受け止め対処していく各自の強い心、そして心が折れそうな人を励まし助け合える住民の人間関係ではないかと思うのです。そのときのために、地域のイベントには参加して行こうと思います。今の時期なら防災訓練・住民運動会などでしょうか?高齢化するなか生きる喜びが感じられる社会であって欲しいと思います。
 今朝の新聞には「2015年の富山県内の自殺者3年ぶり減 2000年以降最少」とありました。でも10万人当たりの自殺者数は、全国平均よりも高いそうです。今月9月10日から「自殺予防週間」です。「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現にむけた取り組みが行われます。大人の4人に1人が自殺を考えたことがあるとか・・・。自殺を身近な問題としてとらえ 共に支えあう社会をめざして 多くの人が「ゲートキーパー」として見守ることができるようにしていきましょう。(内閣府のホームページ引用) ニュースやネットなどではよくネガティブな発言を耳にしますが、ポジティブな発言に心がけ生きやすい社会にしていきたいと思います。
※「ゲートキーパー」とは、自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応(悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る)を図ることができる人のことで、言わば「命の門番」とも位置付けられる人のことです。(内閣府のホームページより)

2016年9月5日
全国労働衛生週間(10/1~7)
 秋の涼しさを感じる季節になりました。しかし、日中の残暑はまだ厳しく新聞にも熱中症の記事が見られます。季節の変わり目は体調の管理も気をつけたいものです。
 来月の10月1日~7日は全国労働衛生週間で 9月はその準備月間です。今年のスローガンは「健康職場 つくる まもるは みんなが主役」です。職場におけるメンタルヘルス対策や過重労働による健康障害防止対策も重要となっています。ストレスチェックなどで心の健康にも気をつけたいですね。
 先月末からの英語圏向け玉掛け技能講習が終了しました。今回は8名の方が受講されました。来月には、クレーン運転特別教育や床上操作式クレーン運転技能講習を受講予定です。また中国人向けのフォークリフト運転技能講習も開催します。ベトナム人向けの受講希望もいただいているのですが、都合により通訳の確保ができずただいま準備中です。まだ時間がかかりそうですが決まりましたらご連絡いたします。

2016年7月13日
9月の日程が決まりました
 今日は梅雨空ですが・・・。暑い夏が近づいていますね、急な暑さは身体にも本当につらいです。天気予報・熱中症情報を確認しながら気をつけて過ごしましょう。
 職場における安全管理(リスクアセスメント)の観点から、フォークリフトの能力向上教育を依頼されることがあります。資格取得後5年以上の経験のある方を対象に企業より人数をまとめていただいて今月も開催いたします。危険の再認識と自身の運転の振返りの機会となっています。資格取得だけでなくこのような講習の希望にも対応できるよう努めていきたいと思います。


2016年7月5日
ゴーヤの収穫
 ゴーヤは植付けから約1ヵ月半、いくつか実がついてきています。みどりのカーテンにはまだまだですが、成長が楽しみです。
 今月1日から7日までは、全国安全週間です。7月14日には、富山市のボルファートとやまで「富山県産業安全衛生大会 THP富山大会」が開催されます。THPとは、(トータル・ヘルスプロモーション・プラン)の略で厚生労働省が昭和63年から行っている「働く人の心とからだの健康づくり」の推進活動だそうです。特別講演は西本真寿美さんが「働き盛りの健康法」について話されます。プロフィールの好きな言葉には「健康のために牛乳を飲む人よりも、牛乳配達人の方が健康である。」とありました。ユーモアを交えた運動についての話が聞けそうですね。


2016年6月22日
特別教育の問合せ
 梅雨らしい日が続くようになりました。ゴーヤもすくすくと育っています。
 4月から新入社員研修を兼ねてたくさん受講いただきました。ありがとうございます。今月は「全国安全週間」の準備期間です。身の回りの危険を再確認しながら安全作業に努めましょう。
 電話での問合せに「高所作業車の作業床10m未満」「フォークリフトの最大荷重1t未満」の特別教育の受講に関するものがあります。企業さんや組合等で7名以上まとめていただければ、出張講習で開催しています。希望があれば土日の開催もしています。人数がまとめれない場合は、ほぼ毎月開催している技能講習を受講ください。費用と日数は掛かりますが、運転制限がなく一生の資格です いかがでしょうか。
 昨年、庭に移植した木に花が付き始めてラベンダーだとわかりました。早速、いくつかを摘んでステックを作ってみました。(右の写真)  キバナコスモスも昨年落ちた種から芽がでて来ています。今年は、暖かくて植物も育ちが早いようです。自然の営みはすごいですね。

2016年6月1日
外国人向け技能講習
 「全国安全週間」(7月1日~7日)の今年の標語は「見えますか?あなたのまわりの 見えない危険 みんなで見つける 安全管理」です。全国安全週間は、労働災害防止活動の推進を図り、安全に対する意識と職場の安全活動により一層の向上に取 り組む週間です。今年で89回目になるそうです。6月はその準備期間です。日頃から気をつけていることと思いますがこの機会にみんなで確認しましょう。(詳しくは 中央労働災害防止協会のホームページをご覧ください)
 ベトナム人向け玉掛け技能講習は、無事に終了しました。床上操作式クレーンについても伺っていますが、人数が足りません。希望の方はご連絡ください。次は中国語でのフォークリフト運転技能講習を10月に計画中です。また英語での玉掛け技能講習・床上操作式クレーン運転技能講習も人数を募っています。
 ゴーヤも半月ほど経ちました。暑い日もありましたが、雨上がりにどんどん成長しているようです。わき芽もでてきました。毎日が楽しみです。


2016年5月19日
ゴーヤの植え付け
 新緑のまぶしい季節になりました。各企業でも配属された新入社員の初々しさが見られるのではないでしょうか?希望と不安を抱きながらの社会人一年生の頃を思い出し温かく(時に厳しく)見守りたいものです。
 今週末は、ベトナム人向け玉掛け技能講習があります。夏頃にはフィリピン人向け玉掛け技能講習も予定しています。また 人数が揃わず希望者を募っている講習もあります。ぜひお問合せください。
 7月の日程がやっとできました。今年も就職希望の高校生向けフォークリフト運転特別教育(最大荷重1t未満)を開催いたします。高校を通しての申込みとなりますが、希望の方はお問合せください。
 昨年は、夏が終わる頃にやっとゴーヤが窓を覆うようになったので、今年は早めに植え付けとしました。今年は暑い夏という予報もあるのでしっかり育って欲しいと思います。


2016年4月25日
 14日夜より熊本で地震が続いています。先日テレビで熊本城や「火の国」であり「水の国」でもある熊本が紹介されていて身近に感じていたので、とても驚いています。被災された皆様にはお見舞い申し上げます。
 今は日本中どこで地震が起きても不思議でないのかと思うと、避難の状況を聞きながら、私の住む自治会でも年1回の避難訓練があるけれど、実際の災害にはどこまで近所で協力し合えるのか避難所も足りるのか心配になりました。
 ところで 昨日の「魚津しんきろうマラソン」では6360人が参加されたそうです。お天気も良く各地でイベントがあり 高速道路の有磯海サービスエリア(上り)もにぎやかでした。上りのサービスエリアには、時間によって新幹線の姿が見通せるスポットがあり、下りのサービスエリアには、「恋人の聖地」(富山湾(有磯海)が能登半島まで見渡せる景勝地で、夜景もロマンティックなスポット)があります。いずれも「ぷらっとパーク」なので一般道からも入れます。天気の良い休日に出かけてみるのもいいと思います。県外のお土産を購入して行った気分も味わえるかも・・・(#^.^#)
写真は平成28年4月9日富山市岩瀬にて撮影


2016年3月22日
桜の季節です
  鉢植えの桜が満開を迎えていました。東京でも開花宣言がありましたが、富山は4月に入ってからでしょうか?まだまだ朝晩は寒いです。そして花粉症の季節ももうしばらく・・・。春の陽気に注意散漫にならないよう気をつけましょう。
 英語圏向けのクレーン特別教育は、まだ余裕があります。また4月からの数ヶ月は、新人研修もかねて受講される企業もあるので、早めにお申込ください。


2016年3月8日
  一週間前の雪景色が嘘のように春を思わせる気候になりました。3月は卒業式・送別会・イベントなど忙しい時期でもあります。体調管理には気をつけていきたいと思います。
 交通死亡事故多発警報発令中です。県内での交通事故は、減少しているようでですが死亡事故が増えています。これから初心者マークの車も多くなります。ゆとりを持った運転を心がけたいですね。
 先日、数年前に新入社員として講習を受けられた方が、また次の講習を受けに来社されました。成人式も終えた社会人の顔になって・・・・中には、結婚された方も・・・・。その成長に他人のことながら親のように感動しました。
 本人の努力もあるでしょうが、周囲の指導等のおかげだと思います。これからも健康でご活躍されることを祈ります。


2016年2月4日
節分も過ぎました。
 1月には里でも雪も積もりスキー場も全面で営業を始めましたね。除雪は厄介ですが、虫や草木などにとっても例年の寒さがないとかえって心配です。
 畑では、12月からの暖かさもあって、小学生の足ほどに育った大根もあったようです。さて、インフルエンザの注意情報が出始めました。皆さんの周りではどうでしょうか? 
 昨日は節分でしたが近頃は、豆まきよりも海苔巻きを食べる(恵方巻)行事のようになってスーパーなどでは、早出の恵方巻作りに大変だったようです。
 先日、外国語での技能講習について、「中国語」での「フォークリフト」や「英語」での「クレーン運転特別教育」に数名の希望を伺いました。7名集まれば開催できます。お問合せをお待ちしています。
 


2015年12月1日
師走になりました
 例年より暖かかった11月も終わりいよいよ師走です。
 年末年始に向けて富山労働局では「平成27年度 年末・年始労働災害防止対策強化期間」(H27年12/1~1/31)を設定されています。
 キャッチフレーズは「ゆとりを持って安全確認 無事故で過ごそう年末年始」です。日頃から気を付けていることですが、忙しくなる時期なので周囲にも声を掛け合っていきたいと思います。
 また、雪の季節になります。労働局のホームページに「冬期・降雪期における転倒災害を防止しましょう」リーフレットが出ていますのでご覧ください。
 今年の「外国人向け玉掛け技能講習」は、ベトナム人向けを2回、中国人向けを1回開催しました。来年1月に英語圏向け「玉掛け技能講習」を開催します。希望の方はこの機会にぜひ受講ください。
 写真は、シャドーボックスというのを作る機会があり始めて体験してきました。同じ絵の紙3枚使いペンナイフで切り抜き、形をとりながらシリコンで積み重ねていき立体感を出します。細かい作業でしたが先生の手も借りてそれらしく仕上がりました。初心者向けの作品ということもあり楽しく作ることができました。(^_^)


2015年11月20日
安全衛生教育推進運動
 安全衛生教育推進運動が、平成27年12月1日~平成28年4月30日に実施されます。スローガンは「正しい知識で 職場を安全・健康に!」です。
これは、平成25年度から実施されている、安全衛生教育の重要性を再認識する為の運動だそうです。作業の危険性を知らなければ災害を防ぐことができません。正しい知識を身につけるために労働者がきちんと法定講習を受講できるよう計画・準備することが大切です。来月よりストレスチェックの義務化、来年6月からは化学物質のリスクアセスメントが義務化されます。安全管理者、安全推進者の役割が重要になってきます。詳細については、中央労働災害防止協会のホームページをご覧ください。



2015年11月7日
紅葉
 街路樹も色づき始める紅葉の季節になりました。立山はもう雪景色ですが黒部峡谷の紅葉は今が見ごろ欅平は落葉も始まってきたそうです。
 今週来週の土日はベトナム人向けの「玉掛け技能講習」を行います。県外からも含め9名の方に受講いただきます。
 先日、労働局から「死亡災害・重大災害多発警報」が発令されました。死亡災害・重大災害多発警報リーフレット(労働局ホームページへ) 死亡災害でも交通事故によるものがいくつかあります。
 富山県警ホームページによると、昨年より事故件数・負傷者数は減少しているものの高齢者の死亡事故が急増していると注意を呼びかけておられます。事故防止ポスター(富山県警ホームページへ)
 日暮れも早くなっています。歩行者、車両運転者ともに気をつけて通行したいと思います。


2015年10月23日
特定自主検査
 紅葉の季節を迎えています。朝夕の寒さに服装にも気をつけて体調管理をしたいと思います。
 11月は、建設荷役車両の特定自主検査の強調月間です。機械の年一回の特定自主点検が済んでいるかご確認ください。また運転作業者の資格取得についてもご確認ください。
 読書の秋に「事故がなくならない理由(わけ)」を読みました。安全対策がどんなに進んでも、使う人のベネフィット(利益など)によってよりリスクのある(不安全行動)が増えれば、安全になったとはいえない。私たちはリスクと共存しています。安全への動機づけとして①「誇り高く生きること」②「将来に希望を持つこと」がリスクを避け不安全行動をさせない鍵であり、そういう社会を創ることが安全な社会を創る鍵だとまとめてありました。ヒューマンエラーに備えて安全装置や自動運転など安全対策が進んでいます。機械に使われていると感じる方もいると思いますが 使う人の意識が安全に大きく関わっていると改めて感じました。


2015年9月24日
てんとうむし
 「てんとうむし」は天に向かって飛ぶことから「天道虫」とも書くそうで、ヨーロッパでも幸せを運ぶ虫とされているようです。
 秋の大型連休も終わり、本当に秋らしくなってきました。27日は中秋の名月。28日は地球と月がより接近して、スーパームーンが観られるそうですが、天気が気になります。
 11月の日程が決まりました。11/7・8・14・15に「ベトナム人向け玉掛け技能講習」も開催します。希望の方はご連絡ください。



2015年9月15日
オンブバッタ
 先日、建設荷役車両安全技術協会富山県支部の会議で労働局の方から県内の労働災害の発生状況の説明とともに、安全衛生情報センターのホームページにある。「職場のあんぜんサイト:労働災害事例」について紹介があったそうです。ここには、過去の災害(発生状況・原因・対策)についてイラスト入りで紹介されています。また最近の労働災害のニュースも掲載されています。記事になるものだけでも全国でこれだけあると思うと、毎日無事に過ごせている事に改めて感謝したくなります。今月は、「全国労働衛生週間」の準備月間です。身の回りのヒヤリハットを再確認ください。
 写真は、庭にいたオンブバッタです。親子のようですがカップルで 上に乗ったオスが自分の子孫を残せるように、メスに他のオスを近づけないようにしているとか・・・。



2015年9月4日
全国労働衛生週間の準備期間
 9月は、防災訓練、交通安全週間、運動会、敬老会、そして今年はシルバーウィーク(連休)がありますね。何か計画は立てておられますか?日が暮れるのも早くなり、虫の音も聞えてくるようになりました。
 実りの秋、スポーツの秋、読書の秋、○○の秋 身の回りの楽しいこと・嬉しいことにアンテナを立てて心も元気に過ごしたいです。
 11月にベトナム人向け「玉掛け技能講習」を開催する事になりました。希望の方はご連絡お待ちしています。
 10月1日~7日は「全国労働衛生週間」です。9月はその準備月間。今年の標語は、「職場発!心と体の健康チェック はじまる 広がる 健康職場」です。ストレスチェック制度などによるメンタルヘルス対策・健康障害の為の過重労働対策など中央労働災害防止協会ホームページでは、「全国労働衛生週間」の特設ページが設置されています。参考にしてください。



2015年8月28日
アゲハチョウ
 秋の涼しさも感じられる頃となりました。花壇では、キバナコスモスにアゲハチョウが蜜を吸いにきていました。近づいても逃げもせず花から花へ飛び移っていました。
 先日新聞で東芝と清水建設が腕に付けたリストバンド型生体センサーで24時間 体調を管理する実証実験を始めたとの記事がありました。屋外作業での熱中症等の防止、睡眠や食事時間も記録され本人も確認できるそうです。また、富山県では、情報通信技術を使って在宅で勤務するテレワークを試行中だそうです。仕事と子育て・介護の両立しやすい環境づくりを進める目的で各自治体で導入を検討されているようです。 世の中、社会の変化に合わせて働き方・仕事の仕方も変っていきそうです。
 富山県労働局では、年間労働時間が全国平均より多いことを受けて今年1月に「働き方改革推進本部」を設けられました。活動の一つとして時間外労働の削減や、休暇の取得促進などで先進的取り組みをしておられる企業を訪問しホームページで紹介されています。また10月は年次有給休暇取得促進月間です。詳しくは富山労働局・厚生労働省のホームページをご覧ください。
 
厚生労働省ホームページより

2015年8月18日
中国人向け玉掛け技能講習の開催
 まだまだ暑さが続くようです。一方、大雨や突風などの災害も各地で起きています。富山はまだ大丈夫なようですが、安心はできません。
 今年のなし(果物)は、暑さにより例年より早く実っているとか、作物の栽培は大変ですね。桃にぶどうなどおいしいものがいっぱいです。会社のゴーヤーも小さいながらもいくつか実がついています。
 「中国人向け玉掛け技能講習」 を10/13~16で開催する事になりました。人数にまだ余裕がありますので希望の方はご連絡ください。尚、申訳ありませんが10月の日程はもうしばらくお待ちください。
 


2015年7月16日
夏祭り
 先日からの暑さで、プランターの花も枯れそうでしたが、今朝の雨と涼しさで少し生き生きしてきました。ゴーヤの花もたくさん咲き、月初めに咲いていた花の実が6センチほどになってきました。
 今週の土日は、「滑川で龍宮まつり」があり、19日の日曜は海上花火大会が・・・正三尺玉が楽しみです。25日の土曜は「水橋橋まつり」の花火大会が水上スターマインが見所です。各地のまつりが続きます暑さや事故に注意して楽しみたい思います。
 追記:「滑川の龍宮まつり」は台風の影響を考慮して中止になりました。会場花火大会は、8月1日に延期となったそうです。
 


2015年7月8日
「建設労働者確保育成助成金」について
 労働局の助成金センターより 「建設労働者確保育成助成金」の平成27年度の変更点等についてお知らせを兼ねて訪問いただきました。
対象業種に「解体工事業」が追加になったこと、当社では開催していませんが、足場の組立てなどの作業に特別教育が必要になったこと(これについても助成金対象です。)10月以降の受講の場合は、事前の届出が必要になったことなど伺いました。
 また、富山では、多くの建設業者さんがおられる割に助成金の申請が少ないのでできるだけ多く利用していただきたいとお話されました。富山労働局のホームページには、平成27年度の変更点やチェックリスト等(富山独自の書類)についても掲載して利用促進のための努力もされているそうです。富山労働局のホームページで「建設労働者確保育成助成金」と検索してみてください。
 10月より事前申請ということについては「国で決まった事なので・・・、」と申訳なさそうでした。この件に関して利用しにくくなるとという企業の担当者もいらしたので、そのことを伝えると、「届出た後、仕事が詰まってきて受講を先送りすることになっても、連絡いただけれは対応する事もできる」ということでしたので確認してみてください。


2015年7月1日
全国安全週間です
 7月の第一週は、全国安全週間です。労働災害の中でも交通事故によるものが増加しているそうです。参考:富山県労働局ホームページへリンク
 梅雨の間も湿度によって、熱中症の心配があります。気をつけていきましょう。


2015年6月22日
ゴーヤは元気です。
 梅雨になりましたが、湿度があるので熱中症に注意が必要です。気温の変化も気にして体調管理に努めたいと思います。
 ゴーヤは元気に育っています。プランターの土が暑くなりすぎないようにとすのこで覆ってみました。効果があるといいのですが・・・。日当たりがよすぎるのとコンクリートの照り返しも多いのでがんばって育って欲しいです。
 解体用特例講習が修了しました。しかし、今日も問い合わせがありました。人数がまとまるようなら残り一週間の内で開催する事もできますが・・・。今後は、通常の解体用講習を受講ください。
 ベトナム語の玉掛け技能講習の準備も進んでいます。申し込みはまだ受付けています。
平成27年6月22日


2015年6月10日
ゴーヤも成長しています
 ゴーヤ(左の写真)は暑い日はぐったりでなかなか成長しませんでしたが、雨が降って曇った日はぐんぐん成長しています。
 県内の労働基準監督署が来月の全国安全週間に向けて説明会を開催しておられます。特に、今年度は業種横断的な取組として「転倒災害防止」「交通労働災害防止」を重点 として、警察署からも講師を招いて交通安全指導が行われました。毎年6月から8月にかけての事故が多いそうで注意を促されました。
 魚津市ホームページに資格取得の助成金についてのお知らせが載っています。魚津市の「雇用・定住促進制度」のひとつで、魚津市在住で指定の資格を取得した方に対して、経費の助成をしておられます。当教習センターの講習の「フォークリフト運転」「クレーン運転」「玉掛け」の技能講習・特別教育が対象になっています。詳細は、魚津市商工観光課(0765-23-1025)へお問合せください。
平成27年6月10日


2015年6月3日
今年もゴーヤを育てます
ここしばらく暑かったですね、今日は久々の雨に新緑が映えています。5月中旬に、ゴーヤの苗を植えました。一緒に買った花は、日中の暑さに枯れそうになってしまいました。
来月は、「全国安全週間」があります。6月はその準備月間、身の回りの安全について再確認しましょう。
今年の標語は「危険見つけてみんなで改善、意識高めて安全職場」です。
7月には、初めてベトナム語での玉掛け技能講習を開催します。まだ受講者を募っていますのでよろしくお願いします。
平成27年5月18日


2015年4月24日
もうすぐGWです
  ここ数日でやっと外に飛び出したくなる春を感じるようになりました。GWに向けて暖かい日が続くようで予定を立てる楽しみも増えますね。
 26日の日曜日は、「第35回魚津しんきろうマラソン」が開催されます。今年は過去最高の5,901人のエントリーがあったそうです。ゲストランナーには、野口みずき選手、野尻あずさ選手、西村哲生選手が出場。ありそドームをスタート・ゴールにミラージュランド(魚津水族館)~経田漁協・魚津高校までの各コースを力走するランナーの皆さんを見られそうです。

2015年4月14日
 4月も半ばに入り新年度を向かえ、生活や仕事のリズムも整ってきたと頃でしょうか?
 花冷えの日が続き、桜もまだ咲きほこっている所が多いように思いますが、花見には寒く感じる日が多く残念です。近くのチューリップ畑も開花時期を向かえ緑から色とりどりに変る様を毎日楽しみにしています。
 講習にも新入社員さんが数名いらしています。受講者の方も仕事内容が見えないうちに資格取得も大変でしょうが、会社も費用をかけて即戦力にと送り出してくれている事に感謝して受講ください。
 


2015年3月23日
 3月になってからの大雪びっくりしましたね。14日には北陸新幹線も開業しこの春は賑やかになりそうです。
 花粉症も気になりますが、まだ寒い日もあるようで、体調管理も気が抜けません。
 4月は、新入社員向けにと何件か申込がありました。気持ちもリフレッシュさせて、ゆとりを持って安全作業を心がけたいですね。


2015年2月4日
春が近づいています
 先月は受講申し込み・お問合せ等の件数が増えて、すっかりご無沙汰してしまいました。
 2月に入りもう立春、今日の日射しは春を感じさせてくれます。
 富山労働局のホームページによると、厚生労働省と労働災害防止団体では「STOP!転倒災害プロジェクト2015」を開催しておられるそうです。特に2月は重点取組み月間です。定年延長など働く方の高齢化に伴い労働災害の中でも転倒によるものが増加しているそうです。日常生活においての転倒・転落事故死は交通事故死よりも多くなっているそうですから、家庭を含めた身の回りの総点検が必要ですね。
 公益財団法人 建設荷役車両安全技術協会 富山県支部では3月に「5S ・KY (危険予知)・RA(リスクアセスメント)研修会」が開催されます。これは事故が起きてからの「後追いの安全管理」ではなく事故を未然に防ぐまたは軽減する「先取りの安全管理」により災害の起きにくい職場環境を目指すための研修会です。この協会のホームページ(http://www.sacl.or.jp/)にはリスクアセスメント等に関する情報が載っていますのでぜひご覧ください。


2014年12月20日
中央労働災害防止協会が主唱する「平成26年度年末年始無災害運動」期間中です
 先日の大雪は「数年に一度の寒波」と表現され注意が呼びかけられましたが、大丈夫でしたか?県内でも災害被害や、死傷者がでたようです。今年も地震や噴火の自然災害、交通事故などの人的災害が身近に感ることが多くありました。時には命を奪うものもあり、今、自分が(家族が)生きている(元気でいる)ことのありがたさを改めて知った思いです。
 2月の日程ができました。発表が遅くなり申訳ありません。3月は早めに出せるよう努めます。
さて、今年も後わずかになりました。当教習センターをご利用いただいた皆様に感謝し、健やかに新年を迎えたいと思います。本当にありがとうございました。
リーフレットを拡大できます


2014年12月8日
「年末の交通安全県民運動」~富山県交通対策協議会~
 先週末は、急な寒波に交通機関も乱れ、県内でもで悲しい事故や災害のニュースが聞かれました。冬の備えと心構えを再確認したいと思います。
 12月11日~20日は「年末の交通安全県民運動」が展開されます。スローガンは「ゆっくり走ろう 雪のふる里 北陸路」です。富山県ホームページの「富山県冬期交通情報」にアクセスすると県内の主要な道路付近のカメラ映像、積雪情報、路面温度等が確認できるそうです。左の画像からは「年末の交通安全県民運動」のリーフレットを拡大できます。(富山県ホームページ「富山県交通対策協議会」より)
 今週末も雪が降りそうですが、年末に向けての準備やイベント・選挙の投票日もあり外出の機会も増えそうです。交通安全は自分ひとりでは守れません、お互いさまの精神で気を付けていきたいと思います。
リーフレットを拡大できます


2014年12月4日
「冬期における労働災害防止対策」を展開中 ~富山労働局~
 12月になったとたんに10度も下がる冬の寒さです。早速、インフルエンザのニュースも聞かれました。体調管理や身の回りの冬の備えに気を配りたいですね。
 平成26年12月15日から平成27年1月15日は中央労働災害防止協会が主唱する「平成26年度年末年始無災害運動」期間です。今年の運動標語は、「安全の足並み揃えて 手を抜かず 年末年始もゼロ災害」です。
 また富山労働局では、「冬期(12月~2月)における労働災害防止対策」を展開されています。この時期は雪国特有の労働災害のリスクが高まります。また近年この時期の労働災害が増加傾向にあるとして注意を呼びかけておられます。富山労働局の「平成26年度年末・年始労働災害防止対策強化期間」は平成26年12月1日から平成27年1月31日まででキャッチフレーズは「ゆとりを持って安全確認 無事故で過ごそう年末年始」です。

 12月になりクリスマスにむけておもちゃの広告も目にするようになりました。おもちゃといっても最近は少子化から大人向けのものも多いようです。先日もCMをみていると誕生から35年の「ちょろQ」がセンサーで障害物をよけらがら自動走行していました。最先端の技術がおもちゃにも・・・・と感心しました。でも、子供にはいろいろな遊びを通して 例えばぶつかると痛い・けがをする・壊れる・どうして?など失敗からくる安全への気づきをたくさん体験して欲しいと思います。そして歩行者・自転車には車を過信せず、自分の身は自分で守る交通安全を身につけ、高齢ドライバーも増加する車には、最先端技術で安全を確保していって欲しいと思います。
富山労働局のリーフレッ(拡大できます)

2014年12月1日
師走になりました
 今年もあと一ヶ月です。都合により遅れていました1月の日程を掲載しました。お待たせして本当に申訳ありません。
ところで、11月に奈良県で「全国豊かな海づくり大会」が開催されていました。海のない県ですが、水資源の循環を守り育て伝えていくことからテーマを「ゆたかなる 森がはぐくむ 川と海」として開催されました。来年は、10月に富山で開催されます。テーマは「海と森 つながる未来 命の輪」です。今年の10月には富山湾が「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟する事になり、ますます盛り上がりそうですね。また、以前から「日本さかな検定」(愛称:ととけん)も開催されているそうで、来年の6月には、県内でも受検できるそうです。大会ホームページには「お魚クイズサイト」が開設されました。
第35回全国豊かな海づくり大会
全国豊かな海づくり大会 富山大会 マスコット

2014年11月18日
11月は建荷協の特定自主検査の強調月間です
 11月1日から30日は建設荷役車両特定自主検査の強調月間です。スローガンは「特自検 働く機械の健康診断」、自動車の車検のように建設荷役車両にも年1回の検査があります。事故防止のためにも機械の点検をお願いします。
 先日、一般社団法人 日本建設業連合会が募集していた愛称が「けんせつ小町」に決まったと発表がありました。これは、建設業で活躍する女性技術者・技能者の愛称です。人手不足が続く建設現場に女性の働き手を呼び込みたいのと活躍中の女性をアピールしたいのだと思います。この連合会では、「なでしこ工事チーム」の募集・登録・紹介を行っていて、10月末現在で、19チームが登録されています。大手ゼネコンなどで女性が多く活躍する又は女性が中心になっている工事チームが登録されています。国土交通省では「建設産業で働く女性がカッコイイ」とピーアール。 建設業は5年間で女性雇用の倍増を目指し制度・環境整備を進めますとしています。女性トラックドライバーの「トラガール」、建設業の仕事・研究か関わる「ドボジョ」(土木系女子)の活躍が増えています。職業訓練法人 全国建設産業教育訓練協会の富士教育訓練センターでは、今月から女性対象コースも開設されたそうです。これらは国土交通省のホームページ「建設現場へGO!」をみて知りました。くしくも今日11月18日は「土木の日」だそうです。十一がつ十八にちの漢字を足すと「土木」。なるほど・・・です。

2014年10月9日
皆既月食
 昨日の皆既月食は、見られましたか?夕方6時頃から8時頃の見やすい時間帯でしたので帰宅途中に見た方も多いのではないでしょうか。ニュースの解説を聞きいて、実際に肉眼で月が欠けて赤銅色になるのを見ると月と地球と太陽のつながりを感じました。元の月に戻るところは見ていなかったのですが、富山市天文台のホームページにとてもきれいだったと写真が載っていたので見れなかった方はご覧ください。
 今、中国人向けのガス溶接技能講習を開催しています。受講者の中に中国の溶接の資格をすでに持っている方もおられ、講師の話では講習の内容をほとんど理解しているようだという事です。先日も他県からですが、外国人向け技能講習について問合せがありました。よく聞くと母国での資格は持っているが日本で作業するにために日本の資格が必要だから受講したいということでした。ニュースでも外国人労働者の受入れを増加するような事が話題になっていましたが、自動車の運転免許のように作業資格でもお互いに認め合い、補い合って取得しやすくできないものかと感じました。

2014年10月2日
全国労働衛生週間が開催中です。
 10月になり一層秋らしくなってきて事務所にも珍しい訪問者がありました。(写真) 昨年はこの時期にも夏日があったりしましたが。今年は過しやすい日が続いています。
 9月27日の御嶽山の噴火は、紅葉の時期の昼時という最も人が集まる時間帯に起き火山災害としてはとても大きな被害となりそうです。北アルプスの観光地のある立山町では、ヘルメットやガスマスクの保有数を対象施設に確認するなど観光客の安全に向けた対応を行っていくそうです。地震列島に住む私たちにとって日常が災害と隣り合わせである事をあらためて考えさせられました。人は「楽観バイアス」を持っていて根拠なく楽観的に自分は大丈夫と考えるそうです。もちろん日常の不安をすべて真剣に考えていたらとても生きてはいけません。でも時には事故や災害について自分だったらどんな備え(行動)ができるだろうとシュミレーションする事も大切だと思いました。
 来月は、公益社団法人 建設荷役車両安全技術協会の「特定自主検査強調月間」です。スローガンは「特自検 働く機械の健康診断」です。使用している機械は、きちんと整備されていますか?、資格を持った方が運転していますか?県内でも労働局の安全パトロールが行われます。労働災害防止のためにもこの機会にご確認ください。


2014年9月24日
11月の日程が決まりました
 すっかり秋めいてまいりました。運動会やスポーツ大会、各種イベントと行事ごとの多い季節です。そして台風の接近など気圧の変化のある時期は、体調を崩しやすいので食事や睡眠に気を付けて免疫力を高めましょう。
 11月の日程が決まりました。外国人向けの講習のために車両系建設機械運転(解体用)の講習の開催は、下旬の方になりました。また車両系建設機械運転(整地等)の講習は10月と同じ2回の開催予定です。冬の除雪作業に向けて必要な方は早めにお申込ください。この講習は、免除者対象の講習となっていますので詳細はご確認ください。


2014年9月12日
ポルトガル語での玉掛け技能講習を開催します。
 中秋の名月は天気もよくてきれいに観れましたね。お菓子屋さんの広告に「十五夜の月見をしたら、片見月にならないように10月6日の十三夜の月見もしましょう」と古くからの風習が紹介されていました。とてもおいしそうな写真が添えてあったので購買力を刺激されました。
 11月にポルトガル語での「玉掛け技能講習」の開催が決まりました。詳細は、トップページ(Home)の開催案内をご覧ください。定員にはまだ余裕がありますのでお問合せください。
 尚、10月開催の中国語での「ガス溶接技能講習」は定員になりました。ありがとうございました。

2014年9月3日
中秋の名月
 今年の中秋の名月は、例年より早くて9月8日だそうです。満月の中でもこの時期の満月は高すぎず、低すぎず縁側に座って眺めるのに丁度よいのだそうです。虫の音もにぎやかになってきました。天気がよければ団子でも用意して家族でゆっくり眺めたいですね(^_^)
 10月1日から7日は「全国労働衛生週間」です。そして9月はその準備月間です。今年のスローガンは、「みんなで進める職場の改善 心とからだの健康管理」です。先日の緊急要請のように今年に入り労働災害発生件数が増えています。又全国で一日あたり82名の自殺者がいて、そのうちの約7%は勤務問題を原因・動機としているそうです。メンタルヘルス上の理由により休業や退職をする労働者がいて、精神障害等による労災認定件数も年間400人を超えているそうです。数字をきいてその多さに驚きました。9月10日から16日は「自殺予防週間」だそうです。

2014年8月19日
厚生労働省より緊急要請がありました
  お盆休みはリフレシュできたでしょうか?まだまだ残暑が続くと思いますが、疲れをためないように気をつけたいと思います。
 8月上旬に厚生労働省より「労災のない職場づくりに向けた緊急要請」が関係業界団体あてに出されました。当教習センターにも全国登録教習機関協会よりお知らせがありました。平成26年度上半期での労働災害が増加していることを受けて、各職場での安全衛生活動の総点検を求めています。詳細については厚生労働省のホームページをご覧ください。要請文・重点業種別対策が掲載されています。
 10月の日程が決まりました。希望により10/7~9に「ガス溶接技能講習」の中国人向け講習を開催します。まだ数名の余裕がありますのでお問合せください。日本人向けの「ガス溶接技能講習」は9/6・7に開催します。


2014年7月30日
暑中お見舞い申し上げます
 暑い日夏がやってまいりました。熱中症などに気をつけて元気に過ごしたいと思います。
 今年は、プランターでゴーヤーを育てています。写真は、左から雄花・雌花・収穫間際のゴーヤーです。雄花はたくさん咲くのですが、雌花が少ないので朝よく探して受粉してやっています。
でも発見できず受粉しないまま枯れた雌花もいくつかありました。この暑さで午前中でも陽が当たり始めた葉からくたびれてきています。
 今日・明日と高校生向けのフォークリフト運転特別教育(最大荷重1t未満)の講習があります。先日は、昨年この講習を修了された方が、会社で3ヶ月の運転経験を積みフォークリフト運転技能講習(最大荷重1t以上)の2日間コースを修了していかれました。元気にご活躍のご様子に嬉しく思いました。


2014年6月7日
労働安全衛生法に基づく免許証や技能講習修了証をお持ちの方へ
 一昨日 一般社団法人 全国登録教習機関協会よりメールによる案内がありました。内容は、6月3日に厚生労働省より労働安全衛生法の基づく 免許証や技能講習修了証をお持ちの方へ 重要なお知らせ」(PDF)リーフレットが発表された。というものです。意識障害などの自覚症状がある場合の免許の返納や運転の自粛を求めるものです。これは今月(平成26年6月1日)から施行されている自動車の運転に関して一定の病気の症状を持つ運転者に対する改正道路交通法に合わせた対応だと思います。早速、センター内にも掲示し講習でもお知らせしていくことにしました。受講される方に意識障害の方はおられないと思いますが、情報を周知していく一助になればと思います。
 5日に北陸地方も梅雨入りしました。花壇のアジサイは暑い日が続いたからかいつもより早く咲き始めています。気候の変化に合わせて自身の体調管理にも気を配っていきたいと思います。


2014年6月2日
6月は全国安全週間の準備期間です。
 平成26年度 全国安全週間(2014年7月1日~7日)のスローガンは「みんなでつなぎ 高まる意識 達成しようゼロ災害」です。6月はその準備期間です。
 また、これからの時期は暑さになれていないので特に熱中症の対策も必要です。富山県内でも2年連続で熱中症による死亡労働災害が起きているそうです。富山労働局のホームページに「職場における熱中症対策 自主点検表」が載っていましたのでこちらから(PDF)ご覧ください。
 4月に受講料を改訂しました。先日申込みの方から、ホームページの料金が変更になっていないとご指摘を受けました。当教習センターのホームページをお気に入りに登録いただいていた方のようで履歴のあるページをキャッシュで表示したため更新ができていなかったようです。でもお気に入りに登録いただいている事に感謝です。(*^_^*)

2014年5月31日
5月末ですが夏日・真夏日です。
 全国的に真夏日となるところが多く、熱中症にも注意が必要です。まだ片付けてない暖房器具と出してきた扇風機・冬物と夏物が同居しています。日々の体調管理も気をつけたいですね。

 6月の「玉掛け」「フォークリフト運転」の技能講習講習に早くから申込があり満員になった日程もあります。またその分、申込み後に受講者・受講日の変更をお願いされるところもあります。できるだけ対応させていただきますが満員で受講をお断りしている場合もありますので、日程変更の場合は早めのご連絡をお願いいたします。また直前での変更は、キャンセル(返金・振替なし)とさせていただく場合がありますのでよろしくお願いいたします。
 写真は、春から複数の講習を受講いただいた方からいただきました。大切に飾らせていただきます。(^_^)v


2014年5月20日
技能特例講習の受講はお済ですか?
4月末、厚生労働省より鉄骨切断機を使用して作業を行う皆様へのパンフレット(PDF)が出されました。5月には当教習センターで車両系建設機械を受講いただいた企業・団体宛に解体用特例講習のご案内を送付させていただきました。昨年の法改正で、今までのブレーカ解体の他に新解体用機械(鉄骨切断機・コンクリート圧砕機・解体用つかみ機)で作業する場合に資格が必要になりました。(法改正についてのPDF) 実際に作業していらした方の猶予期間は、来月いっぱいまでです。7月からは、資格の携帯が求められますのでご注意ください。企業等で人数をまとめて受講希望の場合には、開講カレンダーに関わらず開催する事も可能ですのでご相談ください。
 写真は、昨年の種から芽が出たコスモスです。道路わきにかわいく咲きました。


2014年4月30日
建設労働者確保育成助成金について
 この助成金は、建設業における若年労働者を確保・育成し技能継承を図り、建設労働者の安定した雇用の開発・向上を目的とした中小建設事業主や中小建設事業主団体を支援する制度です。平成26年度は助成額の増額がありました。経費助成では技能実習の委託費の8割に、賃金助成では技能実習について一人1日当たり8,000円に増額されました。詳細については、厚生労働省ホームページの「建設労働者確保育成助成金」を検索いただくか、富山労働局 助成金センター(電話076-432-9172)へお問合せください。経費助成は、解体用特例講習も対象となっています。
 今年もチューリップがきれいに咲いてくれました。

2014年4月18日
春らしくなってきました
 16日に立山アルペンルートも開通し 23日から富山チューリップフェアーも開幕します。花壇のスイセンもにぎやかに咲き誇り、また近くの畑でもチューリップの花が開き始めました。
 今朝、ラジオの交通情報で有沢橋で少し渋滞などと聞いて、私も新社会人のころ通勤で右折レーンや右折のタイミングなど慣れるまで緊張したのを思い出しました。朝は気持ちにも余裕を持って出たいですね。
 4月は、新入社員の申込みも多く。受講者の半数以上が新社会人という講習もいくつかあります。早くから労働安全衛生の講習に参加できる事に感謝して、安全な作業に努めていって欲しいと思います。
 27日(日)には第34回魚津市しんきろうマラソンが開催されます。申込み参加者は5,753名。ゲストランナーは、渋井陽子さん(女子10000m日本記録保持者)と野尻あずささん(2013年横浜国際女子マラソン2位)です。今年は10kmの車いすコースも新設されたそうです。ゴールデンウィークも近づき心もウキウキしそうですが、安全確認は忘れずにいたいと思います。

2014年4月9日
 6月の日程が決まりました。
 6月の日程が決まりました。開講カレンダーでご確認ください。
 4月に入り冬のような寒い日もありましたが、桜も開花し春らしくなってきました。新年度になり春の全国交通安全週間(4/6~15)も始まりました。スローガンは「ゆずりあう 心でひろがる 無事故の輪」です。
一般財団法人 全日本交通安全協会が公募から決めた今年の交通安全年間スローガンは次の3点です。
(運転者向け)「発進は チャイルドシートの笑顔見て」
(歩行者・自転車利用者向け)「いい老後 元気生きがい 交通安全」
(こども部門)「にっぽんを じまんしようよ 事故ゼロで」
さすが最優秀作は明るくて実践しようと感じる標語です。
その他の入賞作の「五輪だけ? 二輪も四輪も お・も・い・や・り」「身につけた? ルールとマナーと反射材」などもいいなぁと思いました。

2014年3月20日
 5月の日程が決まりました。
 お待たせしていました5月の日程が決まりました。開講カレンダーでご確認ください。
 この時期は、新入社員向けに受講申込をされる企業もあります。希望の方は、定員もありますので早めに申込みください。
 春に向かって天候も穏やかになってきました。富山の桜の開花予想は4月7日ごろだそうです。4月4日からは富山市で第60回全日本チンドンコンクールも開催されます。教習センター近くのミラージュランドでは立体迷路(ミラメイズ)が完成し今年の営業を開始しました。魚津水族館や滑川市のほたるいかミュージアムではほたるいかの発光ショーも始まりました。今年は来年の新幹線の開業に向けて県内の観光も力が入っているようです。ほたるいかやふきのとうの山菜など春は食の楽しみもいっぱいですね。若葉マークの車も多くなってきました。交通安全には気を付けていきたいと思います。
 
2014年2月24日
4月より受講料を値上げいたします。
  冬季オリンピックも終わりました。さまざまなドラマがあり喜んだり悲しんだりされたのではないでしょうか?でも閉会式での選手たちの笑顔にはスポーツのさわやかさを感じました。一方で関東地方を中心に大雪で大変だったところもありました。いまだに孤立状態の方も居られるようです。今朝は、交差点で信号待ちの車に後から来た車が追突する死亡事故が発生したとニュースになっていました。平穏な生活のありがたさを実感しています。
 さて、4月からの消費税率の改定にあわせて、受講料の値上げをさせていただくことになりました。前回の改定より5年が経ち必要経費も増加してまいりました。何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

2014年2月3日
今日は節分
 2月になりました。もうすぐ冬季オリンピックが始まります。先月は高校サッカー選手権で劇的なドラマがありました。ソチでも各選手の活躍を期待したいと思います。
 4月には消費税の値上げもあり駆込み需要で春まで仕事が忙しいという方も多いようです。この時期に講習を受講したいけど、仕事の具合が分からず予約が入れれないとも聞きます。当教習センターでは定員に空きがあれば受講日前日の営業日まで受付けますのでご連絡ください。また受講のキャンセル待ちをする方もおられますので受講日を変更される場合は早めにお知らせください。尚、当日・前日のキャンセルは改めてお申込いただくことになります。
 今年は雪も少なく自転車の事故も増えているようです。忙しい時ほど心と時間にゆとりを持つよう心がけ 色々な面で安全には気を付けていきたいと思います。

2014年1月21日
3月までの日程を掲載しました。
 お待たせしていました3月の日程が決まりました。冬季は受講が増えるので早めにお申込ください。また都合により変更される場合も早めにご連絡ください。
4月以降は、消費税額の改正等により受講料(税込み)を見直す予定でおります。詳細が決まりましたらご連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。
 中央労働災害防止協会の平成26年の年間標語は、「安全意識は命綱しっかり締めて 目指そうゼロ災害」です。今年も一年、安全に過ごしましょう。

2014年1月9日
謹賀新年
 明けましておめでとうございます 本年もよろしくお願いいたします
 安全技術教習センターも業務開始から5年が経ち先月登録の更新をいたしました。順調に業務を進めてこられたのも受講いただいた方々と、支えていただいた皆様のお陰と思っております。
 これからも皆様に必要とされる教習センターを目指して より一層精進してまいりますのでよろしくお願いいたします。
 本年最初の講習は、中国人向けの玉掛け技能講習です。富山県内の6名の技能実習生の方に受講いただいています。4日間の講習が昨日から始まりましたが、今シーズン一番の寒波が近づくということで心配しています。実技講習では、暖かい待機所も用意していますが、各自の防寒対策もお願いいたします。
 また、1月の講習は、いくつか定員になった講習が出ていますので、2月についても早めの申込をお願いいたします。


2013年12月16日

年末年始無災害運動(2013 12/15~2014 1/15)
 年末年始の無災害運動期間が始まりました。
今年の標語は、「あせる心はOFFにして 安全ONで年末年始」です。何かと忙しい師走です。当教習センターでも今年は秋頃より受講日の変更をお願いされることが多くなりました。企業がそれだけ忙しくなっているのでしょう。標語のように安全にも気を配りながら過ごしたいと思います。
 先日、公益社団法人 建設荷役車両安全技術協会の本部でリスクアセスメント等についての研修会があり当社からも1名参加してきました。取り組みを始めておられる企業も多いと思いますが、公益社団法人 建設荷役車両安全技術協会では、「建設安全運動100年記念」にあたる平成23年度より、 リスクアセスメントへの導入促進を進めておられ、ホームページにおいてイラスト入りの分かり易い資料を掲載しておられます。「5S」、「KY」及び「リスクアセスメント」について3段階に分けて取り組みやすいようまとめられています。ぜひ参考にされてはいかがでしょうか。
第1ステップ「5S活動」とは、整理、整頓、清潔、清掃、しつけ、の一連の活動のことです。
第2ステップ「KY活動」とは、ハインリッヒの法則のもと「KYT」(危険予知訓練)・「KYK」(危険予知活動)に取り組もうという活動のことです。
第3ステップ「リスクアセスメント」とは、会社が事業内の作業の実態や特性を的確に捉えて会社自らが行う安全衛生対策です。
公益社団法人建設荷役車両安全技術協会ホームページより)


2013年11月16日

11月は特定自主検査の強調月間です。
 11月になり急に寒くなりました。日暮れも早くなり、夜間や早朝の交通事故のニュースもよく聞くように思います。これから天候の悪い日も多くなるので気をつけたいですね。
 また11月は特定自主検査の強調月間です。特定自主検査とは、「定期自主検査を行わなければならない機械のうち、建設機械(油圧ショベルなど)や荷役運搬機械(フォークリフトなど)等、特定の機械については、1年以内に1回(不整地運搬車は2年に1回)、一定の資格を持つ検査者が行う検査を受けなければなりません。 この検査を「特定自主検査」といいます。」(公益社団法人建設荷役車両安全技術協会ホームページより)簡単に言えば自動車の車検ににています。安全な作業のために年に1回は資格を持った検査者に使用する機械の特例自主検査をしてもらいましょう。


2013年10月21日

改正された車両系建設機械(解体用)運転技能講習を今月より開催します。
 10月になって夏日になったり急に寒くなったり皆さんの体調はいかがですか。急激な気圧の変化は私たちの自律神経を乱れさせ、免疫力の低下に つながるそうです。これから冬に向け休養をしっかりとって、体調管理に気をつけたいと思います。 先月の十五夜に続き今月の十三夜もきれいでしたね。災害のニュースが多いですが、ちょっと心が明るくなりました。
 左は、読書週間のポスターです。今年の標語は「本と旅する、本を旅する」です。ポスターの図案も別々の公募でありながら、思いを重ねたようにぴったりの素敵なイラストです。
公益社団法人 読書推進運動協議会のホームペーシ(゙http://www.dokusyo.or.jp/index.htm)では、読書週間に合わせたしおりやブックカバーも用意しておられます。

 今月から法改正となった車両系建設機械(解体用)運転技能講習を開催します。車両系建設機械(整地等)運転技能講習修了者の方が対象です。受講をお待ちしています。
また解体用の特例講習も春まで1種・2種・3種を毎月開催していきます。平成27年6月までの開催ですので対象者の方は早めに受講ください。
尚、平成25年7月1日時点で鉄骨切断機等の運転業務に従事しており、かつ、当該業務に6ヶ月以上従事した経験を有する(資格取得を猶予されている)方も平成26年7月1日以降は資格証の携帯が求められます。計画的に受講ください。
 追加:中小建設事業主様へ、「建設労働者確保育成助成金」についてお知らせ
 当教習センターで行う技能講習はフォークリフトを除き、車両系建設機械(解体用)運転技能講習(特例講習も含めて)「建設労働者確保育成助成金」の「技能実習コース」の「経費助成」の対象講習となっています。「賃金助成」については1日3時間以上の講習が対象で休日に受講の場合は振替休日又は割増賃金を支払った場合に対象となります。詳細は、厚生労働省のホームページをご覧ください。(「建設労働者確保育成助成金」で検索)


2013年09月12日

12月までの日程が決まりました。  
 

(一社)日本クレーン協会
 9月に入り夏の疲れもとれたころでしょうか、○○の秋といわれる季節になりました。皆さんはどんな秋でしょうか。 
 今年は4月に労働安全衛生規則の改正があり7月より施行されるというあわただしい日程で、「車両系建設機械(解体用)運転技能講習」の変更届の提出も今週やっと完了したところです。指定を受けた解体用の技能特例講習とともに毎月開催していく予定です。12月までの日程ができました。年明けの講習については、まとまった人数の希望があれば企画しますので早めにお知らせください。
 9月30日はクレーンの日です。これは、一般社団法人日本クレーン協会と公益社団法人ボイラー・クレーン安全協会がこの日を制定して厚生労働省の後援で、両協会がそれぞせ主催する形でクレーン等の災害防止の運動を展開しておられるようです。今年のスローガンは「作業の前にしっかり点検 確かな操作でクレーン安全(一社)日本クレーン協会、目で確認、声で確認、確かな操作(公社)ボイラー・クレーン安全協会です。右の(公社)ボイラー・クレーン安全協会のポスターは、例年と異なり工場内でのクレーン運転者・合図者・玉掛け者の息の合った作業の様子とそれにあった標語で構成されています。((公社)ボイラー・クレーン安全協会ホームページの総評より
 10月1日~7日は「全国労働衛生週間」です。今年のスローガンは「健康管理、進める、広げる、職場から」です。9月はその準備月間です。富山県産業安全衛生大会は、10月22日に開催、記念講演は「ワークライフバランス~仕事も家庭も一生懸命~」と題して菊池幸夫氏(日本テレビ「行列のできる法律相談所」等に出演)がされるをうです。

 (公社)ボイラー・クレーン安全協会


2013年08月02日

暑中お見舞い申し上げます
  天候の変化の厳しい日が続いています。体調を崩したりしていませんか?お盆前の忙しい時期ですが自分の体の声にも耳を傾けてくださいね。
 今朝のNHKテレビで、野外コンサートでの低体温症について報道していました。開始時には晴れていたのですが途中で激しい雨になりコンサートは中止。会場では混乱しないよう座席ごとに退場することになったのですが、待っている間に雨に濡れ冷たい風も加わって、濡れた体から体温が奪われ体調不良を訴える人も多く、41名が低体温症で救急搬送されたというのです。低体温症は登山の際に注意することと思っていましたが、屋外で活動する際(夏のジョギング・ゴルフなど)には、この時期「熱中症」とともに「低体温症」の備えも必要なようです。具体的には、晴れていても長袖の着替えを持って出るまたは風除けのアルミシートなども有効なようです。また実際に症状が出たときの対処方法も知っておきたいですね。
 10月の日程については、もうしばらくお待ちください。
 
ピンクの花は、去年落ちた種から育った日々草です

2013年07月02日

安全への感性
 以前からお伝えしていました解体用技能講習の特例講習の第1種と第3種を7月14日より開催することになりました。詳細については重要なお知らせの案内をご覧ください。(重要なお知らせPDF)
 尚、 車両系建設機械(解体用)運転技能講習修了者で新解体用機械の運転業務経験が6ヶ月未満の方は、特例講習の第2種の対象者となります。学科2時間・実技1時間の講習の開催に向けて只今準備中です。今しばらくお待ちください。開催が決まればホームページでお知らせしていきます。
 今月配布された(一社)全国登録機関協会の会報の巻頭言に(一社)仮設工業会 会長 鈴木芳美さまの「現場力の回復にむけて!」と題した文章が掲載してありました。「近年、効率化の名の下に現場で働く方々の「余力・余裕」がなくなり「現場力の低下」となって労働災害も増加しているように思う。労働災害を防止するうえでも現場の作業員の「安全への感性」を磨くことは重要です。登録教習機関に求められる役割の一つに受講者の「安全への感性」を磨くことの手伝いがある」として全国登録教習機関協会及び会員を激励されていました。
 危険を危険と感じ取る力が、「安全への感性」だそうです。普段の生活の中においてもいろいろなものに安全機能が付けられて私たちが意識しなくても機械が判断してくれていることが多くなりました。今週は全国安全週間です。身の回りの危険について再認識し安全について意識したいと思います。

2013年06月07日

8月の日程が決まりました
 6月になって暖かい日が続いています。県内では立て続けに交通死亡事故がありました。慣れた道と思っても油断せず気をつけていきたいですね。
 8月の日程が決まりました。平成25年7月より法改正となる「車両系建設機械(解体用)運転技能講習」については、内容等が変更になる予定です。
 この法改正により、「鉄骨切断機」「コンクリート圧砕機」「つかみ機」を使った作業に資格が必要になります。現在、車両系建設機械(解体用)運転技能講習をお持ちの方もこの作業をされる場合には特例講習を受講しなければなりません。(2年間の特例措置) 詳細が決まりましたらこのホームページでお知らせいたします。

2013年05月31日

6月は全国安全週間の準備期間
 暖かい日が続きまた時々降る雨に緑も鮮やかになってきました。、5、6月は各地でお祭りが続きます、また運動会やスポーツ大会などの行事もあって心も体もウキウキして来ますね。
 平成25年7月1日から7日の平成25年度全国安全週間のスローガンは「めよう 一人ひとりの安全意識 みんなのでゼロ災害」です。6月は全国安全週間の準備期間です。これから時期は熱中症に気をつけたいですね
 平成25年度より雇用関係助成金に変更があったようです。旧助成金を統廃合して分かり易くされたそうです。当教習センターの講習で事業主様が利用できる。「建設教育訓練助成金」も「建設労働者確保育成助成金」の中に入り申請書類も一部変更があるようです。詳細は労働局(助成金センター076-432-9172)へご確認ください。
花はペチュニアです   

2013年05月15日

7月の日程が決まりました。
 5月に入って寒さを感じる日もありましたが、先週は夏日、今週は真夏日の日があるなど暖かくなってきました。
 先日、地域ポータルサイト「まいぷれ魚津」の方が、会社の紹介をされませんかと訪問されました。魚津で講習を始めて4年が経ち知名度も上がったものだと嬉しくなりました。地域ポータルサイトは全国に展開しているそうで、県内でも各地域ごとにあるそうです。「まいぷれ魚津」は魚津のケーブルテレビ「NICE TV」が「魚津の街の魅力を再発見し、情報の発信と受信の機会をすべての人に等しく簡単に提供することで、魚津の街を元気にするための手段の一つとしたい」(まいぷれ魚津サイトより引用)と3年前から運営しておられるそうです。お話の中でもその熱い思いが伝わってきました。私たちも求められ頼られる教習センターを目指して日々精進したいと思います。
追伸:「まいぷれ魚津」のイベント欄で5月18日(土)に「よっしゃ来い!CHOUROKUまつり」が魚津の若者たちの手で新しい祭りとして開催されると紹介してありました。楽しみですね。
寄せ植え4月30日の様子

2013年04月23日

不在の際の留守番電話を設置しました。
 ゴールデンウィークも近くなってきました。何か季節の飾りを受付けに置きたいとインターネットで検索していると左の写真のこいのぼりを見つけました。ペーパクラフトをダウンロードしてさっそく作成しました。吹流しには四万十町のマーク入りです。今では全国で見られる「こいのぼり渡し」ですがここ四万十川が元祖で、今年40周年を迎えるそうです。ホームページには他にも町を紹介するペーパークラフトが十数個掲載されていました。そういえば 5月11日には高知県を舞台にした映画「県庁おもてなし課」が上映されます。全国的になってきた行政の観光PRですが映画ではどんな高知県が観られるのか楽しみですね。
 ところで本日より留守番電話を設置しました。受付が不在の場合は留守番電話で応答させていただきます。録音機能はないので改めてお電話いただくことになりますがよろしくお願いいたします。申込みの電話であれば、(連絡先を記入の上)申込書等をFAX(0765-33-5589)ください。電話の受付時間は平日の午前8時~午後5時です。土曜日は隔週で受付け業務をしていますのでご確認ください。
四万十町ホームページの「かさくまのペーパークラフト」で作成

2013年04月19日

春になりました
 4月は、進学や就職または移動・転勤、退職など新しい生活が始まる季節です。半月たって新しい環境への不安や緊張が少し緩んだころでしょうか?
 当教習センターでも平成生まれの方の受講が増えています。今年は平成25年、平成生まれが社会にでてくるようにななったのですね。携帯やパソコン、インターネットが当たり前に存在する中で成長した方たちです。昭和世代とは違った感覚で彼らが活躍し社会がより良く変化することを期待しています。
 今年は、いつもより気温の変化が大きい様に感じられます。花粉の季節もあって、風邪っぽい症状が長引いている方も良く聞きます。でもその気候のお陰か、魚津で蜃気楼が4回は確認されました。来週の28日(日)には、魚津で「第33回しんきろうマラソン」が開催されます。ゲストランナーにワッキーさん、野尻あずささんを迎え、今年も多くのランナーがここ魚津で海の春風となって走られることでしょう。蜃気楼も見られるといいですね。
 写真は、寄せ植えですがなかなか同時に咲いてくれないものですね。3月25日のミニアイリスと寄せ植えしたチューリップは今黄色い花を咲かせています。
ムスリカとチューリップの寄せ植え

2013年04月01日

車両系建設機械(解体用)運転技能講習の一部改正が予定されています。
 新年度が始まりました。今年の桜前線は、例年より早いそうで富山でも咲き始めました。4月は日中の気温差が10度以上ある日が多い月だそうでから夜桜見物には特に注意が必要ですね。
 労働安全衛生規則の一部改正が予定されています。参照:厚生労働省ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002y9fm-att/2r9852000002ya0i.pdf)
 車両系建設機械(解体用)運転に現在のブレーカーの他に鉄骨切断機・コンクリート圧砕機・解体用つかみ機が追加される予定です。現在、車両系建設機械(解体用)運転技能講習をお持ちの方もこれらの機械作業には追加講習が必要になってきます。詳細は決まりしだいホームページで報告いたします。
 写真は、鉢植えの桜です。

2013年03月25日

第12次 労働災害防止計画(平成25年度~29年度)
 3月8日に厚生労働省より「第12次労働災害防止計画」が発表されました。この計画は、「誰もが安心して健康に働くことができる社会」を目指して5年ごとに厚生労働大臣が策定しています。現在 労働災害の割合の多い建設業・製造業・陸上貨物運送業では減少傾向が見られますが、第3次産業では増加傾向にあり今後の対策が求められます。また労働環境の変化や労働人口の変化、東日本大震災後の復興・復旧に係る新たな労働環境、労働災害の状況など。パンフレットには現状と課題そして対策がわかりやすくまとめてありました是非ご覧ください。
 参照:厚生労働労働省ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei21/)

 この計画を見ながら世の中の変化や最近の事故を思い出すとともに自分の成長について考えました。身体的には老化の一途ですが・・・生活面での健康維持、仕事面での質の向上や進化する情報化に対応する努力など自分自身の5カ年計画についても考えたいと思います。
花はミニアイリスです

2013年03月16日

特別教育
 春を感じる日も多くなってきました。まだ寒気が残っているので体調管理には気を使いますが・・、花粉の季節でもありますし・・・・。
 当教習センターでの特別教育は、いずれの科目も年数回しか開催していません。今回は希望がありましたので「アーク溶接特別教育」を3・4・5月と開催することになりました。定員を10名としているので3月の講習は満員です。4月、5月はまだ余裕があります。3月の「小型車両系建設機械運転特別教育」は、日程を追加しましたが満員となりました。次回は6月以降で開催予定です。4月の「ローラー運転特別教育」は定員16名です。お早めにお申込みください。

 写真は創立100周年を迎える魚津水族館です。今日リニューアルオープンします。身近な生き物から世界の珍しい魚まで工夫された展示になっているようです。同時にミラージュランドも冬期の休園を終えてオープンします。春休み中賑わいそうですね。(^O^)/

2013年03月06日

外国語版のテキスト
 2月にJITCO(公益財団法人 国際研修協力機構)より外国人向け特別教育のテキストの見本が届きました。「アーク溶接」「グラインダ」「粉じんによる疾病の防止」用のテキスト(中国語・ベトナム語・インドネシア語・英語版)を用意しておられるそうです。またJITCOのホームページでは全国の外国人向け技能講習・特別教育の教習機関を一覧にして掲載しておられます。(当教習センターではグライダ、粉じんの講習は開催していません) 一般社団法人 全国登録教習機関協会もいくつかの技能講習のテキストを英語・ポルトガル語・中国語版で発行する準備を進めておられます。まだ受講希望者数などで定期開催まではできませんが、少しずつ環境が整ってきているように思います。

 都合により5月末の小型移動式クレーンの学科日程を変更しました。「開講カレンダー」に掲載してありますのでご覧ください。

2013年02月18日

5月までの日程を公表しました
 今年度もあと6週間となりました。ある企業様から新入社員の研修に「技能講習」も予定していると伺い、遅くなりましたが5月までの日程を公表しました。6月以降の日程についてもまとまった希望があれば入れていきますのでお知らせください。
 先日、一般社団法人日本クレーン協会 北陸支部より来社されました。最近のエレベーター事故などにおいて点検の不備が指摘されるなど、検査体制について注目されています。日本クレーン協会では、「移動式クレーン定期自主検査者安全教育講習会」「天井クレーン定期自主検査者安全教育講習会」を開催しており周知してくださいと案内書を頂きました。また、人数がまとまれば出張講習も行ますということでした。詳しくは一般社団法人日本クレーン協会北陸支部(電話076-269-1822)までお問い合せください。
花はカランコエです。

2013年02月01日

除雪機の事故に注意
 今シーズンは、12月上旬に雪が積もり冬の厳しさを覚悟しましたが、雪が解けて春を感じたかと思えばまた積もったりが繰り返されています。こんな時は特に冬場の注意事項を忘れがちになるような気がします。
 富山労働局のホームページには、積雪量・平均気温によりこの時期は転倒による労働災害が増加傾向にあると注意が呼びかけてありました。また歩行型の除雪機も多く出回るようになり事故も増えているため。新聞に「歩行型ロータリー除雪機の事故に注意」を呼びかける広告が載っていました。詳しい注意事項は、独立行政法人国民生活センターのホームページをご覧ください。そして先日、魚津市で除雪機に詰まった雪を取り除こうとして除雪機の刃で手の指を切断する事故があったそうです。気をつけていても事故は起こります。お互い声を掛け合って注意をうながし、ゆとりを持って行動していきたいと思いました。
 除雪機の事故防止の啓発パンフレット、ポスターが各機関より出ていましたので、載せておきます。
除雪機安全協議会の啓発パンフレット  (独)製品評価技術基盤機構より

2013年01月07日

謹賀新年
 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 当教習センターも4回目の正月を迎えました。受講いただいた方をはじめ多くの方の支援のお陰で受講者数も伸びてまいりました。「安全は幸せの基本、安全はみんなの願い!」のスローガンの基、地域の皆様に求められる安全衛生教育の場をこれからも提供していきたいと思います。
 中央労働災害防止協会の平成25年年間標語は「安全が 最優先の我が職場 仲間を守る 家族を守る」です。12月のNHKの番組で人間は「楽観バイアス」という特性を持っていると知りました。これにより人は、自分が死ぬ姿を想像でいないようになっているのだそうです。これをもっているので、車を運転するとき、事故を起こして物を壊すかもしれないとは考えても自分が死ぬ(けがをする)とは想像しない。だから運転できるのだそうです。日頃の安全はこの年間標語のように、仲間を守り、家族を守る為にと考えて気を配っていきたいと思います。

2012年12月25日

読んでいただきありがとうございます
 今年も残りわずかとなりました。新年に向けての準備はお済ですか?
 先日、受講に来た方から「教習センター日記読んでるよ。」と声をかけていただきました。読んでいただけていると聞き嬉しかったのですが、私のつたない文章にその感想を聞けませんでした。読んでいただけることに感謝しながらこれからも綴っていきたいと思います。
 以前、年配の女性の方から毎日、「嬉しいことメモ」つけているという話しを聞きました。夫の介護や日常のことに不満を感じることは沢山あるけれど、嬉しいと感じたことをその時に(忘れないうちに)メモするのだそうです。道端に花が咲いていた・いつも赤で止められる信号機が今日は青だったなど、些細なことでもメモしておいて気持ちが沈んだときに読み返し元気になるのだそうです。だから悪口や不満は書かないで良かったことだけメモするのだそうです。私も身の回りの嬉しいことや小さな幸運を心にメモしていつも気持を明るくしていたいと思います。来年もよろしくお願いいたします。

2012年12月11日

車両系建設機械運転技能講習を開催
 今年は12月上旬にに除雪車も出動する積雪になり驚いています。そして今日は 今シーズン初の積雪の中で車両系建設機械運転技能講習を開催しました。実技の時は時々小雨交じりの雪が 降ったりやんだりとあいにくの天気でしたが、吹雪いていなかった事に感謝でしょうか。寒い中本当にお疲れ様でした。
 今回の受講者は、「小型のホイルローダーの経験はあるけれどパワーショベルの経験は無いのですが・・・・・。」「 大型特殊の資格はあるけれど車両系建設機械は殆ど運転したことがないのですが・・・・。」と初めての経験に不安な方が多かったのですが皆さん無事に修了していかれました。
 この資格は除雪作業で必要だからと受講される方も多いです。最近は事業所からの他に町内会が借りた除雪車の運転にと受講される方もおられます。除雪作業は、雪の降る中や早朝などの見通しの悪い中での作業が多いと思います。安全には充分注意してください。また私たちも、作業の妨げにならないように注意し、そばを通行する際には作業者と目で挨拶するほどにお互いに気をつけたいと思います。

2012年12月07日

12月15日~1月15日は年末年始無災害運動
 12月になって一段と冬らしくなってきました。身の回りの冬支度はお済ですか?
 当教習センターも先月、教室や事務所のリフォームとして窓をプラマードで二重サッシにして、エアコンも増設しました。この数日の寒さにその効果を実感しています。学科講習は昨シーズンより快適に受講いただけそうです。実技講習は、車両系建設機械を除いて、フォークリフト、小型移動式クレーン、玉掛け、高所作業車等の講習は屋内の実習棟で行ないますが、暖房は無いので各自での防寒対策をお願いします。待機所として暖房の効いたハウスは用意しています。
 12月15日から1月15日は「年末年始無災害運動」期間です。本年度の標語は、「あせらず 無理せず 油断せず 無事故でつなぐ年末年始」です。中央労働災害防止協会では、Web での安全衛生自己点検表を業種別に掲載してあります。また過重労働による健康障害防止の為のセルフチェックも本人と家族用が用意されていますのでこの機会に疲労蓄積度をチェックしてみてはいかがでしょうか。(中央労働災害防止のホームページの「年末年始無災害運動」のページをご覧ください)

2012年11月19日

解体用機械の規制強化について
 10月に一般社団法人全国登録教習機関協会の中部ブロック会議が金沢で開催されました。そのなかで厚生労働省が解体用機械について労働安全衛生法の規制を強化する方針であるとの報告がありました。これは、東日本大震災での復旧・復興工事における解体作業現場等において労働災害が多く発生している為です。現行の解体用機械(ブレーカーユニット:打撃式破砕機)の他に「鉄骨切断機」「コンクリート圧砕機(ニブラ等)」「つかみ機(グラップル等)」についての規制が検討されています。今はまだ各関係団体等で検討会を重ねているところです。全国登録教習機関協会のホームページには、検討中の安全対策に係る検討資料について掲載されています。
 今月は、「建設荷役車両特定自主検査強調月間」です。建設荷役車両の特定自主検査が定期的に行なわれているかを確認ください。詳細は公益社団法人建設荷役車両安全技術協会ホームペーをご覧ください。

2012年10月25日

全国産業安全衛生大会IN富山の開催
 中央労働災害防止協会主催の第71回全国産業安全衛生大会が富山市で開催されました。総合集会のステージには、「労災の犠牲者をこれ以上出さない」「安全衛生活動を今一度総点検しよう」と掲げられ 「~働く人がやっぱり大事 キトキト富山から全国に~」をスローガンに富山市内の8会場で各分科会や緑十字展2012が行なわれました。およそ8千人の参加があり県外からも多くの方が来られたようです。日本で産業安全運動が始まって昨年100年を迎えました。しかし、減少が続いていた労働災害がここ2年連続で増加し、厚生労働省からは労働災害減少に向けた緊急要請も出されました。この大会が安全衛生活動を見直す機会になればと思います。

 中央労働災害防止協会より年末年始と来年の標語が発表されましたので載せておきます。
  本年度の年末年始無災害運動は、「あせらず 無理せず 油断せず 無事故でつなぐ年末年始」
  平成25年 年間標語は、「安全が 最優先の我が職場 仲間を守る 家族を守る」
 
アトラクション:越中八尾おわら節

2012年10月11日

労働災害減少に向けた緊急要請
 9月28日に厚生労働省労働基準局安全衛生部長より労働災害減少に向けた緊急要請がありました。「労働災害による休業4日以上の死傷者数が2年連続で増加しており、このような事態は、実に33年ぶりのことです。近年の社会情勢の下厳しい経営環境の中での安全衛生の劣化が懸念されます。企業の安全衛生活動を今一度総点検してくださるよう要請します。」(要請文の抜粋) 富山県においても前年度同期(1月~8月)に比べ2.4%増加しています。夏の暑さも和らぎ雄山では初雪の観測もありました。まずは自分の体調管理、そして身の回りの「不安全な行動」「不安全な状態」に目を向けて事故を未然に防ぎたいと思います。
 10月24日から富山県で第71回全国産業安全衛生大会が開催されます。また「緑十字展2012」(入場無料)が富山テクノホールで同時開催されます。いずれも主催は中央労働災害防止協会です。職場の安全管理に関する情報が展示されます。詳しくは中央労働災害防止協会のホームページをご覧ください。 
写真は、葉牡丹の虫食いだらけの葉の影にバッタを見つけたところです。 

2012年09月15日

危険再認識教育
 9月11日~14日に中国人向け玉掛け技能講習を開催しました。玉掛け作業は、クレーン等の運転作業に付随した作業ですが、このクレーン等に係る労働災害のうち約3分の1は玉掛け作業に関連した作業において発生しているそうです。修了された皆さんは仕事の幅も広がると思いますが、作業の基本を忘れずに安全に作業されることを願っています。
 先日、一般社団法人 全国登録教習機関協会が行なう「ドラグ・ショベル運転従事者に対する危険再認識教育講師養成研修」に当センターからも1名参加しました。車両系建設機械の中でもこのドラグ・ショベルについては特に災害が多く、また経験年数が10年を超えるベテラン作業員に多く発生しているそうです。厚生労働省は、災害の多いドラグ・ショベル、ローラー、高所作業車について資格取得後おおむね10年を経過した方を対象に「運転業務従事者危険再認識教育」を推進しています。当センターでの開催予定はありませんが、「高所作業車危険再認識教育」については富山県内で開催を予定している機関があります。一般社団法人 全国登録教習機関協会では、厚生労働省の委託を受けて製作したこれらのビデオ教材を販売しています。運転者はもちろん一緒に作業する方も作業の安全について認識できるものだと思いました。

2012年08月28日

9月は「全国労働衛生週間」の準備月間です。
 残暑がまだ続きますが、皆さんの体調はいかがですか?九州地方では、台風による災害も起きているようで心配です。富山では雨が殆ど降らず、街路樹にも散水車が回っていました。
 真夏日続きで、水道水も生温く感じられます。実技の受講の際には、2ℓの水筒を持参される方もおられ各自で熱中症対策をしておられました。
 9月1日~30日は「全国労働衛生週間」の準備月間です。今年のスローガンは「心とからだの健康チェック みんなで進める健康管理」です。印刷業での胆管ガの発症が問題となるなど職場での健康リスク、また勤務問題を自殺の動機とする人が2,700人、職場のメンタルヘルス上(心の健康)の理由により休業や退職する労働者がいるなど職場におけるメンタルヘルス対策。受動喫煙の防止などの職場環境の改善などこの機会に意識してみたいと思います。
小さいですが庭に咲いたひまわりです

2012年08月1日

高校生対象にフォークリフト運転特別教育開催
  7月30日・31日に高校生対象の「フォークリフト運転特別教育」を開催しました。
 一日目は学科で「フォークリフトに関する装置の構造及び取り扱いの方法に関する知識」「力学に関する知識」「関係法令(主に労働安全衛生法)」について受講しました。2日目に実技講習を行ないました。初めはハンドル操作の感覚がうまくつかめず苦労していましたが、午後には、コースを走行して荷積みの操作も練習しました。真夏日のなか仲間と励ましあって、安全確認に気をつけながら受講していかれました。これからの学校生活、そして就職活動に成果を収められますよう願っています。

2012年07月26日

熱中症に注意
 連日、暑い日が続いています。熱中症対策は万全でしょうか?
 受講者の方から事業所内で体調が悪くなったり、不調を訴える人がいたと聞きました。
 当教習センターでも実技講習の時は陽射しは遮られていても通る風が暑い日もあり、状況に応じてエアコンの効いた部屋を用意しています。
 無理をせずこまめに水分を取るなど各自で自分の体調管理に気をつけましょう。
 写真は、今朝咲いたアサガオです。つるは軒先を越えました、これから毎朝きれいな花が見られそうです。でも午後には、暑さに葉もくたびれてしょんぼりしています。草花も毎日この暑さに耐えているんですね。夜はゆっくり休んで疲れをとりたいものです。
・・・・・でも明日からロンドンオリンピックです。時差もあり応援していると・・・・・・・
 しっかり自己管理していきましょう。

2012年07月05日

梅雨らしくなりました
 梅雨に入って富山では暑い日が続いていましたが、梅雨らしい日もでてきました。他県では激しい雨に災害が起きていて心配です。寝苦しい夜もありますが、朝がたは気温が下がるので注意が必要ですね。日中の水分補給など体調管理には気をつけたいです。
 9月までの日程を掲載しました。9月には中国人向けの玉掛け講習も開催します。ご希望の方はお問合せください。また、特別教育などまとまった人数での希望があれば3ヶ月先になりますが日程に組み入れますのでご連絡ください。 最近、講習日近くなってからの日程変更が数件ありました。中には二週間前に満員となりお断りしていたものもあります。急な諸事情もおありでしょうが、申し込んだ日程で受講いただけるようお願いします。また変更される場合は早めにご連絡くださるようよろしくお願い致します。
 昨年までフウセンカツラを育てていましたが、今年はアサガオをいく種類か育てています。ここしばらく過ごしやすかったのでつるも伸びてきました。また時々紹介します。(左の写真) 

2012年06月15日

ポルトガル語での玉掛け技能講習開催
 ある企業よりポルトガル語での玉掛け技能講習を依頼され、今月と来月に2回開催します。今日は、皆さん学科試験を無事に修了して実技講習が始まりました。中には、日本語が少しわかる方もいらっしゃいますが、通訳者を通して講師の説明を熱心に聴いておられました。 9月には、中国語での玉掛け技能講習を検討中です。希望の方はご連絡ください。
 先日、「車両系建設機械を敷地内で走行させるのに、大型特殊の運転免許で運転できますか。」という質問をいただきました。
大型特殊は、道路交通法による公道での運転免許です。もちろん敷地内も含めて走行できます。しかし、質問の場合の走行が雇用関係における作業であれば、労働安全衛生法による作業資格が必要になります。この場合は、車両系建設機械運転技能講習又は小型車両系建設機械運転特別教育(機体質量3t未満の場合)です。《 労働安全衛生法は、労働災害を防止しするための基準を定め、労働者の安全と健康を守り、快適な職場環境をつくるための法律です。》
 安全情報センターのホームページでは、労働災害関連のニュースを一覧にしてあります。そのニュースの多さに驚きます。私たちも日々の無事に感謝しながら、できる備えをしていきたいと思います。6月は全国安全週間準備月間です。

2012年05月31日

全国安全週間
 5月末ですが、暖かい陽射しでもまだ肌寒い風を感じます。今年は、気温がなかなか上がらず種まきの時期を迷った方もいたのではないでしょうか。隣の㈱高野工会さんが育てられる朝顔の芽が元気に出揃っていたので写真におさめました。
 6月は、全国安全週間(7/1~7)の準備月間です。長期的に労働災害の死傷者数は減少しているのですが、ここ2年連続で増加したそうです。
 「富山県における労働災害は、平成23年には、休業4日以上の死傷者数が1,209人と前年に比べ109人増加し、死亡者数も16人と前年に比べ3人増加しました。」(富山労働局HPより)
 今年の全国安全週間のスローガンは、「ルールを守る安全職場 みんなで目指すゼロ災害」です。
 当教習センターにもいくつかの企業から複数の講習の受講予定をいただいています。安全意識の向上のため講習を通して貢献させていただきたいと思います。

2012年05月22日

木漏れ日に感動
 昨日の部分日食(富山では)は、天候に恵まれて良かったですね。7時半過ぎには、辺りも薄暗くなった感じで、日食グラスで観察したり、紙に穴をあけて観たり、手で影を作って観たり、鏡で映したりて観たり朝の忙しい時間帯でしたが、楽しまれた方も多かったでしょう。私が感動したのは、外壁に映ったこもれびがいつもと違って、欠けた太陽の形になっていたことでした。(左の写真)
 今年は、6月4日に月食が、6月6日には金星の太陽面通過が観られるなど天体ショーが続くことから女性の関心も高く「宙(そら)ガール」と呼ばれる方たちが増えているとか・・・。
 今日は、東京スカイツリーのオープンの日です。ここからは、隅田川の花火も下に観ることができるそうです。今は完全予約制で7月11日より当日券の販売が始まるそうです。でもツリーに登らなくても東京スカイツリータウンへ行ってみたいですね。
 このような明るいニュースでみんなが元気になって、日本も前に進んで行って欲しいですね。

2012年05月11日

中国人向け講習開催
 5月に入り新緑がまぶしく感じられるようになると同時に 敷地内でも雑草が目立つようになって来ました。そして、そろそろ衣替えだというのに気候の変化が激しいので体調管理には気を使いますね。
 先月の玉掛け技能講習に続き、今週は中国人向けのフォークリフト運転技能講習を開催しています。皆さん自動車の運転経験も無いということで、真剣に実技に取り組んでおられました。6・7月には、ポルトガル語での玉掛け講習を予定しています。外国人向け講習については県外からも問い合わせがありますが、開催条件や通訳者との準備など今後も話合ってしていきたいと思います。ただ、一般講習の方も殆どの講習を毎月開催することで受講いただいているので日程もできる限り調整してまいります。

2012年05月02日

チューリップが咲きました
 昨年は、肥料不足だったのかつぼみを持たなかったチューリップが今年はたくさん咲いてくれました。砺波の「チューリップフェアー」は見事でしょうが・・・。「入善フラワーロード」など県東部でもチュウリップ畑が見られます。一面に咲いた花畑はきれいですね。
 数ヶ月前にフォークリフトの講習にいらした方が、先日玉掛けの講習にいらして、「自分が社内のフォークリフト運転の定期コンテストで上位の成績になった」と嬉しそうに報告されました。社内でも休憩時間などに練習を積まれたそうです。彼女の向上心とその努力に感心し、その笑顔から私たちもエネルギーをいただきました。これからも安全に業務に励んでくださいね。

2012年04月17日

春が来ました
 先週あたりから気候もやっと4月らしくなってきました。近くのミラージュランドやその周辺では花見の最盛期です。
 お待たせしていた、7月までの日程表も出来上がりました。ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。
 今年も来春卒業予定の高校生を対象にした「フォークリフト運転特別教育」を夏休み中に開催いたします。積載荷重1t未満のフォークリフトの運転資格になります。希望の方は、学校を通して申し込みください。また就職後この資格により3ヶ月以上の業務経験をされたら、2日間(免除コース)の「フォークリフト運転技能講習」を申込むことができます。(免除コース申込みには自動車運転免許も必要)
 先日 事務所にホテルルートイン魚津の営業の方が1周年記念のキャンペーンチラシを持って来社されました。高速も利用できるので宿泊を必要とされるほど遠くからの受講は多くありませんが、岐阜県や新潟県方面からの受講者も増えています。魚津市には、9つほどビジネスホテルがあります。費用対効果を考慮して利用されるのも良いかもしれませんね。
過去の日記  平成23年度日記  平成22年度日記 平成21年度日記